心筋梗塞の危険を回避│早期発見が健康維持の鍵となる

医者

自宅に居ながら医療

医者

緊急時の対応が違う

高級住宅街として知られる東京都世田谷区には、自宅に居ながらにして医師の医療サービスを受けることができる「在宅医療」が発展しています。このような医療サービスを提供するクリニックは世田谷区内に複数ありますが、「緊急対応」についてはクリニックによって体制が大きく異なります。医師が患者の自宅を訪れる時間帯は昼間のことがほとんどですが、患者の容体が急変するのは夜間のことが少なくありません。クリニックによっては通常の訪問診療の医師と、緊急対応用の医師が異なることがあります。常に同じ医師に診てもらいたい人は、そのようなクリニックを避けるべきです。しかしながら、在宅医療を専門とする医師の数は多くはありません。医師の過剰な勤務を減らす意味でも、緊急対応は別の医師が対応する方が安全である、という考え方も理解する必要があります。

家族と過ごすことができる

世田谷区には、高齢の患者であっても家族とともに過ごすことを希望する家庭が非常に多いのです。これが世田谷区で在宅医療のニーズが高い要因です。もちろん老人ホームに入居することも可能ですが、家族と離れることになり精神的に寂しさを感じるケースが多々あります。他の患者と同じ建物の中で毎日生活することに、慣れることができない高齢者の方もいます。家族が面会に訪れることも可能ですが、常に一緒にいるわけではありません。また看取りは医療機関ではなく自宅で行いたい、と考える家族も少なくありません。かつては看取りは病院で行うもの、という認識が一般的でした。しかし病院の中ではなくても、在宅医療の医師がいれば、医療的にも法的にも看取りが可能なのです。