心筋梗塞の危険を回避│早期発見が健康維持の鍵となる

医者

負担なく治療可能

カウンセリング

樹状細胞療法を受ける際、すべてのがんに治療が適用できるわけではないという点を知っておきましょう。特に血液のがんである白血病や悪性リンパ腫などの場合、血液を使用する樹状細胞療法は適用できなくなっています。二つ目の注意点は樹状細胞療法を初めとする免疫療法は現在保険適用にはなっていないという点にあります。保険適用されない理由としては治療の苦労に見合った効果が出ていないというのが大きな理由ですが、これは従来の治療法をさんざん行ってきてすっかり身体が弱っている患者に対してこの治療法を用いられることが多いのも一つの要因となっています。また、免疫力に頼る治療法であるため、同じ金額を支払って治療を受けてもその効果は個人差がとても大きく、全く効果が無いという場合もあるのです。

樹状細胞療法は樹状細胞を用いた治療法です。樹上細胞というと聞きなれない人も多いでしょうが、私たちの身体に普通に存在していて、リンパ球の中に存在する免疫細胞の一種です。免疫細胞というと、身体の中に侵入した悪い細菌を攻撃するキラーT細胞が有名です。キラーT細胞は異物に対して攻撃を仕掛けるのに対し、樹状細胞はそれ単体には全く異物を攻撃する力はありません。しかし、この樹状細胞には体内に侵入した異物の情報を分析して、異物の信号をほかの免疫細胞に教えるという能力を持っています。いわば免疫細胞たちの司令塔ともいえる働きをしているのです。私たちの体内には毎日数千個のがん細胞が生まれていますが、これらががんにならないのは、樹状細胞が攻撃するための信号を分析して的確に免疫細胞に教えているお陰だと言っても過言ではないのです。