心筋梗塞の危険を回避│早期発見が健康維持の鍵となる

医者

新しい腎臓病治療です

病棟

腎臓病が増えています

腎臓の機能が低下して老廃物を尿として排出するのが困難となるのが腎臓病です。この腎臓病にはウイルスなどが原因となる急性腎臓病と慢性疾患などの影響によって発症する慢性腎臓病に分けることができます。急性腎臓病の場合は医療機関において適切な治療を行えば腎臓機能を損なうことなく治療することも可能となっていますが、糖尿病などほかの疾患が原因となる慢性腎臓病の場合には治療を行っても次第に腎臓の機能が衰えてしまいます。慢性腎臓病では排尿困難や高血圧をはじめ倦怠感やむくみなどの症状が現れます。症状が末期の段階にまで至ると尿として排出できなくなった老廃物が血中へと流れ込んでしまうため尿毒症など重篤な症状となってしまうのが特徴です。

新療法を試しましょう

慢性腎臓病では症状が進行すると人工透析による治療が必要となります。世田谷区の内科ではこの透析治療に力を入れています。世田谷区の内科で受けられる治療には血液透析療法・腹膜透析療法・オンラインHDF(血液濾過透析)療法などの種類があります。これらの治療法にはそれぞれメリットがありますが中でも最先端の方法として注目を集めているのがオンラインHDF療法です。オンラインHDF療法は通常の血液透析と血液濾過を合わせた治療法でこれまでの透析治療よりも体内の老廃物をより効率的に除去することが可能です。患者への負担も軽く治療効果も大幅に向上しているのでQOLを維持しながら長期間にわたって腎臓機能を維持することができるようになります。世田谷区の内科では腎臓機能が衰え透析が必要となった患者に最も最適な方法を選択しながら治療を行っています。透析治療を行っている方でまだオンラインHDF療法を試したことがない方は、世田谷区の内科で相談してみましょう。