心筋梗塞の危険を回避│早期発見が健康維持の鍵となる

医者

自宅に居ながら医療

医者

世田谷区には在宅医療を担うクリニックがあります。昼間の通常の訪問診療と、緊急時で訪問してくれる医師が異なる場合があります。在宅医療のニーズが高いのは、患者であっても家族と共に過ごすことを希望する家庭が多いためです。

新しい腎臓病治療です

病棟

慢性腎臓病になると人工透析による治療が必要となります。この人工透析には様々な方法がありますが、なかでも注目を集めているのがオンラインHDF療法です。この透析は老廃物を効率的に取り除くことができるほか負担も軽いのが特徴です。まだオンラインHDF療法を試したことがない方は世田谷区の内科で相談しましょう。

負担なく治療可能

カウンセリング

樹状細胞療法の注意点として、血液のがんに対しては適用できないことや、効果には個人差があるという点が挙げられます。樹状細胞はそれ自体には攻撃力は無いのですが、他の免疫細胞に攻撃するための信号を教えるという重要な役目を担っています。

死に至る心臓の病気

看護師

死亡率の高い病気

心筋梗塞は心臓の栄養血管である冠動脈が閉塞し、心筋の一部が壊死する病気です。冠動脈が詰まると、そこから先へ血液が流れなくなり酸素や栄養分が届かなくなって心筋が壊死します。壊死する範囲が広いと心臓は本来の動きができなくなり、最悪死に至ります。急性の心筋梗塞の場合8割の患者は発症後24時間以内に亡くなります。早期に治療を開始することが予後に大きく関わってきます。心筋梗塞は男女比では男性に多く、中年以降に発症率が上がります。心筋梗塞の原因には、遺伝的素因もありますが大きな原因は動脈硬化や血管内プラークにあります。動脈硬化が進んだり血液内にプラークと呼ばれる脂肪の固まりが増えると、血管が詰まる原因となります。脳で詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞です。

動脈硬化促進に注意

心筋梗塞の原因となる動脈硬化や血管内のプラークは老化とともにある程度あらわれるものですが、普段の不規則な生活によってこれらが増悪します。暴飲暴食、肉や脂の多い偏った食事、喫煙、運動不足、ストレスなどが動脈硬化を促進します。また高血圧や糖尿病の既往のある人も動脈硬化が進み心筋梗塞になりやすいと言えます。心筋梗塞を予防するためには、乱れた生活習慣を正すことが大切になります。心筋梗塞の症状は、胸痛、嘔気嘔吐、背中の痛み、冷や汗など様々あります。胸痛は激しく焼き付けるような痛みで30分以上続きます。冠動脈が狭くなる狭心症と症状は似ていますが、狭心症では効果のあるニトログリセリンの投与が心筋梗塞のときでは全く効果がありません。自覚症状があれば救急車を呼んで、素早く病院を受診しましょう。